神戸市不動産売却ネット > 神戸市不動産売却ネットのスタッフブログ一覧 > 不動産売買での登記費用は?【2024年】最新版

不動産売買での登記費用は?【2024年】最新版

≪ 前へ|不動産売買の手付金って何のお金のこと?【2024年】最新版   記事一覧   不動産が売れない原因とは?【2024年】最新版|次へ ≫

不動産売買での登記費用は?【2024年】最新版

カテゴリ:不動産

不動産売買での登記費用は?【2024年】最新版


不動産売買を行うと不動産の持ち主が変わるため、登記が必要です。
そこで今回は、不動産売買での登記費用について見ていきましょう。


▼不動産売買の登記費用の負担
不動産売買での登記費用の負担は、主に買主側に発生します。


■不動産売買で行う登記
不動産売買をすると不動産の持ち主が変わりますので、所有権が移ったことを届け出なければなりません。
この手続きを「所有権移転登記」と言い、不動産売買においては買主が行います。
所有権移転登記にかかる登記費用は、登録免許税のために必要です。
登録免許税は、固定資産税評価額に売買に関する税率を掛けて計算される仕組みで、物件に対する評価額によって費用は変わります。


■その他の費用が発生する場合も
所有権移転登記は法務局が窓口ですので、法務局の職員がいろいろと教えてくれます。
ただ、専門的な知識がないと手続きを進めるのは困難なため、たいていの方は司法書士に依頼して登記手続きを終えてもらっているのが実情です。
したがって、不動産売買で不動産を購入した際の登記費用には、登録免許税の他に司法書士への報酬がかかってきます。
相場は数万円から高くても5万円が目安とされていますので、依頼される際は参考になさってくださいね。
手続きに必要な書類の発行や、移動のための交通費などは実費として別に請求されることから、予算は多めに見ておくと安心です。


▼まとめ
不動産売買で不動産を手に入れるにあたっては、その後に登記費用が必要であることがわかりました。
手間と時間がかかるため、司法書士に頼んでやってもらうのがよいのではないでしょうか。
弊社は不動産売買後のアフターサービスにも力を入れておりますので、登記費用に関しましてもお気軽にお問い合わせください。


ご相談など、お気軽にお問い合せください。

神戸市不動産売却ネット



大阪本社はこちらから

ベルハウジング株式会社


≪ 前へ|不動産売買の手付金って何のお金のこと?【2024年】最新版   記事一覧   不動産が売れない原因とは?【2024年】最新版|次へ ≫
  • 売却査定
  • 不動産売却をお考えの方はこちら!
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    神戸市不動産売却ネット
    • 〒650-0041
    • 兵庫県神戸市中央区新港町17
      ONE LIGHT海岸通 201
    • TEL/0783818873
    • FAX/0783818285
    • 国土交通大臣 (1) 第10534号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

鈴木 茂成 最新記事



鈴木 茂成

「信頼をカタチに 関わる全ての人に喜びを」

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


西宮市広田町 土地分譲 建築条件なし

西宮市広田町 土地分譲 建築条件なしの画像

価格
1億2,500万円
種別
売地
住所
兵庫県西宮市広田町
交通
西宮北口駅
徒歩17分

ルーシア嵯峨嵐山

ルーシア嵯峨嵐山の画像

価格
3,880万円
種別
中古マンション
住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺中島町
交通
嵯峨嵐山駅
徒歩5分

大阪市住之江区御崎1 戸建

大阪市住之江区御崎1 戸建の画像

価格
980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府大阪市住之江区御崎1丁目
交通
住吉大社駅
徒歩11分

トップへ戻る